ともすると「ストレス」というものは、「なくすもの」「除外すべき」と考えがちですが、実を言えば、私たち人は多種多様なストレスを抱えるからこそ、生活していくことができています。

季節性インフルエンザのワクチンでは、今日までの研究によって、注射の予防効果が見込まれるのは、ワクチン接種日のおよそ2週間後から約5カ月間くらいだろうと考えられているのです。

アルコールや薬、増粘剤を始めとした食品への添加物等を分解し、無毒化する事を解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓の主要な機能のひとつだと言えるでしょう。