汗疱(汗疱状湿疹)は主に掌や足の裏、指と指の隙間などに小さな水疱がみられる症状で、普通はあせもと呼ばれており、足裏にできると水虫と間違われることが多くあります。

トコトリエノールの働きとしては酸化を防ぐ効果が殊に認識されていると思いますが、他に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生成を抑えることが知られています。

日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを補助する作用で知られていて、血液中の濃度を調節して、筋肉の動作を微調整したり、骨を作ったりしてくれます。