春に患者が増える花粉症とは、山のスギやヒノキ、マツなどの虫によって媒介されない花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・頭重感・微熱・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を招く病気として認識されています。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で無毒化し、肝機能を促進する能力が判明しています。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康な人にも症状が発生することがあるので重大な健康障害とはいえませんが、例えば発作が続いて起きるケースは危ないといえます。