肝臓をいつまでも健やかにキープするには、肝臓の解毒作用が衰えないようにする、即ち、肝臓のアンチエイジング対策を開始することが有効でしょう。
フィトケミカル(phytochemical)の一つのイソチオシアネート類のスルフォラファンという有機硫黄化合物について、肝臓が分泌している解毒酵素そのものの生産活動を助けているのではないかという可能性が判明してきました。

くも膜下出血とは実に8割以上が「脳動脈瘤」と言われる血管が変形してできた不要な瘤(コブ)が破れる事によって罹患する大変恐ろしい病気として知られています。